◆スクラッチ

■スクラッチとは
レコードを前後に動かしたり、フェーダーと合わせてリズムを刻んだりする奏法です。
ヒップホップだけでなく、ポップスやロックなどでも多用されており、最近では一般的な奏法になっています。

■スクラッチの種類

☆ベイビースクラッチ
フェーダーを使わずに、レコードを前後にこすって表現する奏法。ゆっくり動かせば低く、早く動かせば高い音が得られます。
カットインの際に頭のキックをこすって入る方法は定番となっています。

☆トランスフォーマー
JAZZYJEFFが考案したと言われている奏法。フェーダーがオフの状態から素早くフェーダーをオンにします。
「ピー」という長い音を「ピッ、ピッ、ピー」というような音にする事が出来ます。

☆クラブ
トランスフォーマーの発展形。親指で軽くフェーダーを押さえたオフの状態から、薬指、中指、人差し指の順に高速にオンにする事により、「ピー」という音が「ピッ、ピッ、ピッ」という歯切れのいいカット音になります。
レコードの出し戻しを繰り返すと、「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピッ」というように永久的に断続音が作り出せます。

☆スクリブル
中指でレコードを押さえて震わせる事により、レコードを小刻みに前後運動させて音を刻む方法。針が飛びやすいスクラッチ方法なので、慣れが必要です。

TOP

◆メインメニュー

基本的なDJシステム
セッティング(アナログ編)
カートリッジ組み立て・配線
針圧・アーム調整
ピッチ・BPM・カットイン
ミックス
スクラッチ