◆ミックス

■ミックスとは
DJは曲と曲を途切れさせずに繋ぐ必要があり、聞いている人達に違和感を感じさせずに曲を切り替えなければなりません。
このようにスムーズに曲を変えることをミックスと言います。かかっている曲に次の曲を重ね、両方の音を綺麗に聞かせる事が重要です。

■BPMを揃える
ミックスの際には2つの曲のBPMやピッチを揃える必要がありますが、あまりにも曲同士のBPMが異なっていると、音が重なったときに違和感が生まれてしまいます。

■小節を揃える
複雑なリズムの曲も多々ありますが、クラブミュージックでは4/4拍子が一般的になっています。様々な拍子の曲がありますが、予め小節を把握し、小節の頭が揃うように重ねる事で綺麗なミックスがやりやすくなります。
逆にいくらBPMを完璧に合わせても、小節の頭がずれると違和感が生まれてしまいます。

■ミックスにおける小技
ミックスする時に便利な小技をいくつか紹介します。

☆先にかかっている曲の低音をカットする
EQで先にかかっている曲の低音をカットする事により、ベースやキックが重なって起こる違和感を目立たないように出来ます。

☆ボリュームフェーダーを使う
クロスフェーダーだけだと急に音量が変わったり、強引に聞こえたりしてしまいがちですが、ボリュームフェーダーを組み合わせることにより、より繊細でスムーズなミックスになります。

☆エフェクトを使う
フランジャーでJET音を作り出すなど、ミックスに効果的な場合もあります。逆にディレイを使うとリズムが崩れやすいので避けた方が無難でしょう。

TOP

◆メインメニュー

基本的なDJシステム
セッティング(アナログ編)
カートリッジ組み立て・配線
針圧・アーム調整
ピッチ・BPM・カットイン
ミックス
スクラッチ