◆セッティング(アナログ編)

セッティングに必要な物
★ターンテーブル×2台
★出力ケーブル
★カートリッジ×2個
★電源タップ
★アンプorコンポ

配線図

■機材の設置場所

セッティングする台は自宅の場合は一般的な机で問題ありません。しかしクラブ等で大音量で鳴らす場合は、ハウリングを防ぐために、振動を防ぐ事が出来るしっかりとした台に機材をセッティングする必要があります。
また、DJ専用のテーブルも数多く発売されています。

■ターンテーブルとミキサーの配置

☆スタンダードポジション
ミキサーを真ん中に配置し、その両サイドにターンテーブルを横向きで設置する基本的な配置です。

☆バトルポジション
スクラッチやボディトリックの際に、動作距離を狭める為、ターンテーブルを2つ共縦置きにする配置です。バトルDJやHIPHOP系のDJの間でよく使われています。 バトルDJやHIPHOP系のDJではスクラッチやボディトリックをする際、可能な限り動作距離を狭めるため、両方のターンテーブルを縦置きにすることがあります。

☆クラッシュポジション
ミキサーのすぐ横にターンテーブルのスタートスイッチが来るように、右側のターンテーブルを横向きに、左側のターンテーブルを縦置きにする配置です。

■各機材の配線

ターンテーブルからミキサーの「PHONO」へ入力し、ミキサーのアウトプットからアンプやコンポへ出力するだけです。

■カートリッジの取り付け

ヘッドシェル取り付けタイプの場合は、ヘッドシェルを取り付けてからアームにセットします。一体型の場合はそのまま取り付けます。

■ターンテーブルの調整

アームのバランス等、微調整を行えばセッティングは完了です。

TOP

◆メインメニュー

基本的なDJシステム
セッティング(アナログ編)
カートリッジ組み立て・配線
針圧・アーム調整
ピッチ・BPM・カットイン
ミックス
スクラッチ